リエコの手帳

趣味と暮らしの覚え書き( ◠‿◠ )

築30年。一度も修繕をした形跡がない、おんぼろ狭小住宅を相続してしまいました。

f:id:riekoh:20220317221543j:image

Instagramでは時折触れておりましたが、小さな家を相続する事になりました。

以前の私なら、お家を貰った!と聞けば、良いなぁって思うところですが、いざ自分が貰う立場になったら頭を抱えてしまいました。

お家を貰ってイイのは、住めるような状況であればのお話だったからです…。

 

建ててから30年、エアコンと給湯器の入れ替え以外の修繕は一度もやった事がない家屋、そして30年のうち殆ど掃除をしていない部屋が三部屋も存在する家屋、この家屋の状況を調べていくうち大変な事がわかって来ました。

 

【修繕部門】

1. 屋根と外壁を一度も修繕していないという事はいつ雨漏りしてもおかしくない

2. レンジフードとガスコンロは既に使用不可でカセットコンロで調理をしていた

3. 二箇所あるトイレは一度も取り替えていない為、いつ壊れてもおかしくない

4. お風呂のタイルが割れており水がそこから流れ込んでいる

5. 敷地に生えている木の根が成長しすぎており、排水管を突き破る(既に昨年夏に突き破り、排水管の交換をしましたが、新しい塩ビ管にも根が巻き付いたら割れると…)

6. 三階のベランダに花壇を造り付けて桜の木を植えてしまっており、このままでは重さでベランダの床がいつ落ちてもおかしくない

これがベランダの花壇、桜の木や数十に及ぶ植木鉢などの残置物は取り除いたあとの写真です↓

f:id:riekoh:20220318023613j:image

【掃除部門】

1. レンジフードが使用不可にも関わらず揚げ物を良く作っていた為、壁中に油とホコリが絡み合った汚れの層ができている

2. 油とホコリとタバコのヤニが絡み合った汚れの層も広範囲に発生

3. 油汚れが真っ黒なタールのようになって蓄積しており、調理台や窓枠のステンレスを溶かしてしまっている

4. 壁紙がタバコの臭いを吸着してしまっている

5. 壁紙に付着したタバコのヤニと油汚れは拭いても取れない 

6. 窓があまりにも汚れており、汚れの所為で閉まらない(又は開かない)

7. そもそもゴミ屋敷状態である

 

ザッと考えただけでこれだけの箇所、修繕や掃除、または入れ替える必要がある設備が多く(というか設備関係は全て入れ替える必要があるよね…)これはもう、家を使用するなら大規模なリフォームが必要なのではないかと圧倒されてしまいました。

 

インターネットで調べてみると、外壁塗装工事だけで安くても100万円、普通は150万から200万円する世界だと知ります。

システムキッチンの入れ替えは最低でも80万円…お風呂をユニットバスにするのに100万円以上…木の抜根は…?トイレを二つも入れ替えたら一体いくらかかるのでしょうか…?

 

一戸建ての大規模なリフォームは、最低限の修繕であっても500万円から800万円が掛かるもので、普通はローンを組んでやるような事だと、この時初めて知りました。

 

然し私は会社員ではない為、住宅ローンとてそんな高額なローンは組めません。

家屋だけ夫の名義に変えて夫にローンを組んでもらう…実は2年前に住宅ローンを組んで新築の一戸建てを購入しているんです。

もう一軒分のローンを組んで、リフォームが終わってから現在住んでいる戸建てを売却するのかと…いや、先に家を売却してから賃貸に仮住まいをしながらリフォームをするのかとも…然しどちらにしてもリスキーな状況に変わりありません。

そもそもですが、現在新築の一戸建てに住んでいるのに、金銭的に色々と無理をして、汚部屋ゴミ屋敷ボロ戸建てに住む計画をするのもおかしな話だとも思いました。

 

一体どうしよう…?

もちろん、相続はせず相続放棄という事も考えました。

然し住宅は、相続放棄すれば固定資産税などは払わなくて良くなりますが、住宅の管理義務が残るそうなのです。

例えば家に放火されたら責任は管理義務のある者へ、建物が壊れて隣家に被害が起きれば責任は管理義務のある者へ…そんなばかなと思いましたがこれが現実でした。

souzoku.vbest.jp

 

じゃあ売却は?

勿論調べましたとも…我が家のようにどこもかしこもぼろぼろで残置物でぱんぱんな建物に買い手がつくとは思えません。

唯一可能性があるとすれば、骨組みだけ残してスケルトンリフォームをしたい人の需要でしょう。

www.renoveru.jp

然し高額なスケルトンリフォームをする人が、変な場所にあるたった9坪の物件を選ぶでしょうか?そんな変な家を購入してスケルトンリフォームする価値があるとは思えません。

 

更地にして売却すれば売れるじゃない!

然し我が家は鉄骨造の三階建ての家…しかも隣家との距離が近く、解体には一般的な費用より多くかかる上、基礎がしっかりした家なので基礎を壊すのにはもっと費用がかかると…売却できてもマイナスになる可能性があるのです。

suumo.jp

このように、相続放棄する事も所有する事も売る事も一筋縄ではいかない家、相続する事に凄く悩みました。

 

一体どうすれば良いのか?

私が出した結論はこうです。

この家屋を活用するしかない、けれど手元にある現金で修繕が不可能なのであれば、売却活動を頑張るしかない。

手元にある現金というのは、生活防衛資金を除いて家屋の修繕に使用できるのは、たったの300万円でした。

 

続く…。

 

次回のお話し↓

rieko.net

 

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by リエコ (@rie_ko_gram)