リエコの手帳

趣味と暮らしの覚え書き( ◠‿◠ )

第三話 築30年。一度も修繕をした形跡がない、おんぼろ狭小住宅を相続してしまいました。

前回までのお話

rieko.net

f:id:riekoh:20220318114745j:image

物で溢れかえっていた、ゴミ屋敷状態にあった空き家が空っぽになり、この家を具体的にどう修繕していくのかと考えなければならない段階に突入しました。

費用はMAXで300万円です。

これ以上は今まで準備してきた人生設計が狂ってしまう為、無い袖は振りません。

夫の仕事に何かあった時の当面の生活費や夫婦どちらかが病気をした時の医療費、そして老後のための資金、このようなお金を投げ打って家の修繕をする事は成りませんから。

 

インターネットでザッと調べた情報でも、外壁塗装と屋根を修繕するのに100万円で済めば良い方で、30年間一度も修繕していないような外壁は100万円で済まない事が殆どだと聞きます。

そう考えただけでも、300万円の費用でフルリフォームができるなんて考え辛く、私は不可能な事をやるために色々な調べ物をしているのか?と、何度となく天を仰ぎ絶望感に苛まれました。

 

壁紙や床だけでもセルフリフォームするしかない、そのように思いましたが、それであっても外壁塗装や設備関係を予算内で行うのは無理がありそうな雰囲気でした。

セルフリフォームだって、ペンキや壁紙を購入するためにそれなりの費用がかかりますし、素人が張りやすい床材なんかは六畳の部屋で5万円以上がかかります。

そのような費用も含めて300万円しかないのです。

やっても無駄に思える事を一生懸命やるって、想像以上のストレスがありました。

 

それでも歩みを止める事はできません、責任を持って家を扱うと決めたのですから、突き進んでいくしかないのです。

先ず最初にコンタクトを取ったのは、一番費用が嵩みそうな外壁についての業者さんでした。

 

現地調査が始まり、外壁の隅々をチェックしながら面積も測って行きます。

「うちだと、外壁塗装と窓枠の補修をして90万円です。屋根は今見れないので、足場をかけて作業をしてから重大な瑕疵があれば凡そ40万円で修繕します。」

 

つまり…?

つまりこれ、130万円は見といてよね、そういう事でしょうか。

この価格にベランダの修繕などは含まれていないとの事で、別の業者さんの相見積もりを取ってみる事にしました。

 

外壁塗装の会社だけでも無数にある中で、とりあえず上に出て来た会社が『レアケースがなければ当社は90万円台ですよ!』と言うような旨をホームページにデカデカと書いているのを確認し、取り急ぎここに聞いてみようとコンタクトを取ってみます。

すると直ぐにお電話をかけて頂き、お話を伺う事に成りました。

 

「うちはペンキを安く仕入れるルートがあるので(確かペンキの卸もやってるとかだったかな)特別変わった工事が含まれなければその価格でできます。

三十年塗り替えが必要ないフッ素のペンキも用意できますが、そもそも外壁材の目地のところは十年以上持たないし、地震があればひび割れもする、結局は別の部材の修繕の為に三十年以内に塗り替える必要が出てくるので、私どもは一般的な塗料をおすすめしています。」

このように、不明点なども丁寧に答えて下さいました。

話し方もテキパキと聡明な雰囲気で、且つ分からない事は聞きやすい気さくな雰囲気もあり、早速現地調査をお願いする事にしました。

 

出て来たお見積もりは屋根の修繕と外壁塗装で113万円、ベランダや雨樋の塗り替えも含まれているため、例の造り付けの花壇を撤去する費用も入った価格でした。

↓例の花壇

f:id:riekoh:20220318123631j:image

この見積もり額は良心的かもしれない、だけど花壇の事を違う形で片付けるなら、100万円に収まってくれるのだろうか…?そう考えて、花壇の撤去については植木屋さんなど他の方法も調べてみる事にしました。

 

そうこうしているうちに手をつけ始めた自力で行う汚屋敷のハウスクリーニング、タールのような油汚れでびっしりのシステムキッチンを雑巾で撫で回しながら思います、システムキッチンを入れ替えるのはやめよう…。

↓これでもかなり綺麗にした後のキッチン…

f:id:riekoh:20220318124118j:image

私は思います、このキッチンはビルトインコンロとレンジフードだけ交換すれば、システムキッチンを新しく入れる100万円近い価格をかなり抑えられるのではないかと…。

油でステンレスが溶けて穴が空いているし、棚の取っ手は青サビがびっしりとついた上に油で厚くコーティングされているけど、綺麗に磨いた上でカッティングシートを張り替えたり、取手を新しく付け替えたりすれば継続的に使用すること自体は不可能ではないと確信します。

 

思い立ったが吉日、チャリンコをカッ飛ばして向かった先は家電量販店でした。

ビルトインコンロとレンジフードの取り替え費用を聞いてみると、工事費込で安くても40万円必要である事がわかります。

その価格がしっくりこない(あんな汚いキッチンに40万円…?)私が次に向かった先は、ホームセンターコーナンでした。

お話を伺うと、コーナンであれば工事費込みで15万円〜入れ替えができると判明します。

 

これだ!!!

これしか無い!!!

 

電気工事士の祖父によると、コーナンはキッチンだけでなくトイレや洗面化粧台などの什器の価格が安いとの事でした。

どのくらい安いのかと言うと、業者が問屋さんから仕入れる価格より何故かグッと安いとの事です。

そうとわかれば、現現地調査をしていただく事で、掛かる費用の全体が明らかになって来ます。

f:id:riekoh:20220318155830j:image

また、時を同じくして、街に事務所を構える内装外装関係の工務店さんを訪ねてみました。

お風呂をユニットバスに替えず、現在の在来式のタイル張りのお風呂を修繕だけで使用できるようにならないかと、そのように思っての事です。

 

ガランとした事務所の扉を勇気を出して開けてみます。室内に人が居らず、来客の人は机の上のインターホンを押すシステムらしい、勇気を出してインターホンを押してみました。

思っていた五倍の音量でピンポーンと鳴り、上の階から職人風の格好をした男性が降りて来ました。

早速相談をしてみます。

相続してしまった物件の修繕が必要だが、あまり費用がない為最低限の修繕をしたい事、お風呂場のタイルの修繕をしていただけるのかと言う事、そのような事を一つ一つ説明しました。

すると回答はこのようでした。

「お風呂はタイルの張り替えではなくユニットバスに入れ替えた方がよいです。費用は100万円以上見ておいて下さい。それよりも、外壁や屋根の修繕をしていないならば、先にやらないと建物がダメになってしまいますよ。内装より外側を優先して下さい。当店だと外壁塗装は150万円から、保証期間は五年です。」

お風呂場はユニットバスに入れ替えるほうが手入れも簡単だし、良いに決まっているのは私も十分わかっています。

外壁塗装に関しても、やらなければならない事はわかっています。なんだか少し噛み合わないなと思いながら、お客様シートに連絡先を記入しました。

後日担当する人間から電話を掛けます、そのようにおっしゃられ、挨拶を交わしたのち事務所を後にしました。

f:id:riekoh:20220318165555j:image

その後、その工務店から連絡が来る事はありませんでした。

 

続く…。

 

次回のお話し↓

rieko.net

 

 

母の引っ越し祝い的な食事をしに、二人でホテルビュッフェに行ってきました↓

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by リエコ (@rie_ko_gram)