リエコの手帳

趣味と暮らしの覚え書き( ◠‿◠ )

さようなら、思い出のロレックスよ。

f:id:riekoh:20230831035613j:image

暫くブログを書いていない気がするなぁ〜と思いブログを振り返りましたら、なんと四か月も記事を書いていなかったのですね(゚ω゚)

Instagramにはちょこちょこ出入りしているので、こんなに経っているとは思いませんでした。

そして実に、実にタイミングよくMacBookが壊れてしまった為、暫くはブログをスマフォ〜で書く事にしましたので少し読みにくいかも知れません!

MacBook買う余裕があるなら欲しいものがあ…おっと喋りすぎました。

f:id:riekoh:20231018032140j:image

表題の通りです、大事にしていたアンティークロレックスを泣く泣く手放しました。

なぜそんなに大事にしていた時計を売ってしまったのか、答えは単純でステンレスアレルギーになってしまったからです(号泣)

ステンレスはアレルギーにはならないのではないか、今まで私はそう思っていたのですが、今となっては医療用ステンレスでも激しいアレルギーが出ます。恐ろしいです。

ステンレスのスプーンやフォークはどうなのか、ちょっと心配なのですが今のところ大丈夫で、恐らくですが肌に触れている時間と汗が関係しているようです。

そんな訳でして、時計が好きで時計店でバイトするほどだった私は、持っていた全てのステンレスの腕時計、大好きだった機械式の時計を手放しました…

アンティークのロレックスを一つだけ残して…。

f:id:riekoh:20230831035607j:image

このロレックスは私にとって思い出の時計でした。

ある雑誌で見かけたアンティーク時計という世界、その世界に魅了され、どうしてもどうしてもどうしてもどうしてもどうしてもアンティーク時計が欲しくなり、アルバイトで貯めた22万円を握り締め、ドキドキしながらお会計をした20歳の誕生日…

手に入れてからはどこに行くにも着けて行ったし、いつも一緒だったアンティークロレックスです。

いつしか時計装着時に痒みが出るようになり、発疹が出るわ動悸がするわ…

もう永久に装着できないのに、手放せなかったのです。

f:id:riekoh:20230831035610j:image

そんなアンティークロレックスを手放す事を決意したのは、

「二度と使わない物は手放そう、そうして運気を上げよう。」

と、突然このように思えたからでした。

矢張り思うんですよ、宝石の趣味に於ける出会いやご縁、そして決断力ってある種、運の力が大きいなと…。

いや、宝石の趣味だけじゃないですよね、仕事運も家族運も、マイホームの購入や売却も、全てが動くのは最終的にはご縁、つまり運ですよね。

そんな訳でまず私は髪を30cm切りました。

今はロングヘアーです。

そう、髪を切るのを面倒がってスーパーロングヘアーだったので、30cm切ってもまだロングなんです。

髪を切るのも運気を上げるのに良いと聞いて、邪魔だったスーパーロング(座る時尻で踏むから邪魔なんですよね)とお別れをしました。

そうするうちにね、家の中にある、もう二度と使わないであろう物、と対峙する決心がついたのです。

高校生の時に集めていたヴィンテージおもちゃを中野のまんだらけで売却し、待ち時間にまんだらけ隣の時計店をぶらついて居たら思い出してしまいました…。

もう二度と使う日が来ないロレックスの存在を…!

f:id:riekoh:20231018034001j:image

手放すと決めてからは早かったです。

今回は運気を上げる為に即手放したかった為、フリマサイトなどで手放す事は考えませんでした。

だって、売れるまでに意思が揺らいだらミッション失敗じゃあないですかッ!

結論から言うと、このロレックスはとても手放し辛かったです。

現行品のロレックスはとんでもなく値上がりしているけれど、アンティークは相場はまだ緩やかであり、更にはレディースのこのタイプは余り相場が高くありません。

買取店やアンティーク専門店でも、メンズのオイスターはもっと高いようですがレディースは…

でも、五軒ほどお店を周り、自分なりに納得行く価格で手放す事が出来ました。

ステンレスの時計は価格が付かない…レディースは…等の様々なことを学んでミッション終了です。

f:id:riekoh:20231018034525j:image

売却してみるとなんとも清々しい気分でした。

私のロレックスは、また誰かの手元で元気に時間を刻むのでしょう。

そう思ったら送り出して良かったし、売却で得たお金で

私は…!

私は…!

私は…!

 

(おしまい)

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by リエコ (@rie_ko_gram)